2007年07月28日

自分流

デラの一鉢「面白そう」から栽培がはじまり、参考書を片手に品種解説を見ながら、いま栽培歴は10年足らず、次々増えていく我家のブドウ。
いまだに露地以外でのブドウ栽培の風景を拝見することはありません。

著者によって栽培方法が大きく異なると感じるのは私だけでしょうか?
趣味栽培の領域で専門的な知識を必要としないと矛盾を感じつつ。

趣味栽培の面白さここにあり

1年の生育を通じて、休眠期でも作業の手抜きはできません。
巨大種、話題種、難易種と栽培しながら、倍数体、耐病性、耐寒性、成熟期、収量、着色種、施肥、剪定方法など品種ごと、一鉢ごとに生育状況が異なるからです。

それ以外に発芽、開花、実止まり順調でも、肥大期には肥大した果粒の摘粒と摘房をしなければ完熟しないことは分かりながら、ハサミを入れるにもなかなか勇気の要るものです。
病害虫とともに20度を超える糖度に群がる鳥たちにも悩まされます。
これも宿命でしょうか?

素人の趣味栽培で葉影をスダレ代わりに夏の日差しを楽しんでいます。
また、間もなく収穫できるデラ、安芸、藤稔からロザリオ、晩期熟成のアレキまで月代わり収穫を楽しめるのも趣味栽培ならではないでしょうか?
今後もベランダの片隅?で、家内の顔色をうかがいながら
自分流でがんばります。






posted by たらみ at 13:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 栽培記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://ycuuo5r.glinds.info/
Posted by 備えあれば憂いナシ!! at 2011年03月22日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49491360

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。